【飲み方】クレアチン 取扱マニュアル

クレアチンの飲み方や飲むタイミングなど、ご使用方法をお伝えしていきます。

クレアチンは一日何g飲む?

クレアチンは1日あたり3~5gの摂取が推奨されています。

運動強度や頻度により、体に必要とされるクレアチン量は変わってきますが、1日5gの摂取を一つの目安としてお飲みください。

クレアチンを飲むタイミングは?

クレアチンは成分の特性上、 飲むタイミングによって効果が変わるように感じますが、基本的に摂取のタイミングは自由です。どのタイミングで摂取しても、変化はありません。

ただ、糖質の補給後に飲むことで、全身へ供給しやすくなります。(糖質を摂取するとインスリンが分泌され、クレアチンはインスリンの働きによって細胞に取り込まれる)

1日2回に分け、食事後(朝、夜)2.5gずつお飲み頂くのがオススメです。

※5gを一度に摂取すると、お腹が緩くなる場合がありますので、最初は2.5gなど少量にわけ、慣れてから5gでの摂取をお試しください。

クレアチンドリンク

クレアチンは、水やドリンクに溶かしてお飲みください。

水分100mlに対して、5gまたは2.5gを推奨しております。 ただ、水分は必ずしも100mlである必要はなく、200mlでも300mlでも大丈夫です。

BULKEYのクレアチンは沈殿しにくい成分と加工で製造しておりますが、時間が経つほど、どうしても沈殿してしまいます。(成分の構造上全てのクレアチンで起こります。)

筋トレ中に飲むBCAAなどに混ぜ、時間をかけて飲む場合は、徐々に沈殿してきますので、できればプロテインなど飲み干す系統のものと合わせて飲まれることをオススメします。

クレアチンローディング

一日5gを摂取していれば、23日ほどでクレアチン濃度はマックス状態に達するため、基本的にローディングは必要ありません。

緊急的にパフォーマンスを高めたい場合、クレアチンローディングでは一般的に以下のような摂取方法がとられています。

・5g×4回×5日(20g/日)
・2.5g×8回×5日(20g/日)

なるべく細かく分けることにより、吸収効率もよくなり、クレアチンによる腹下しなども防ぐことができます。(摂取回数が増える場合は、ぶどうジュースなど糖質が摂取できるものと合わせてお飲みください。)