POWER BOOST

BULKEY公式HPをご覧いただき誠にありがとうございます。 当ページでは、BULKEYのクレアチンモノハイドレートについて完全解説していきます!

クレアチンってどんな成分?

クレアチンは、無酸素的な持久力を求められるトレーニングやスポーツの最後の後押しをしてくれる、パフォーマンスサポートのサプリメントです。

あと1回が続かない、あと10秒が持たないなどエネルギー持続が課題となる場面で生きてくる燃料のような成分です。科学的にパフォーマンスを向上させることが証明されているので、トレーニングに最適のサプリメントです。

また単純なボディメイクにおいてもプラスに働き、バルクアップを求める人にも有効な成分であることが分かっています。

クレアチンの信頼性は?

クレアチンについての信頼性は、ISSNでも、最高レベルのエビデンスAに認定されており、非常に有力な証拠を示す成分として評価されています。

また、スポーツ科学先進国において最も研究が進んでいる成分の一つでもあり、有名ビルダーや多くのスポーツ選手に愛用されています。

BULKEYクレアチンモノハイドレート

クレアチンの純度99.9%

クレアチンの品質は一般的に純度で決まりますが、BULKEYのクレアチンモノハイドレートは99.9%と非常に高純度になっております。

クレアチンというくくりの中でも、最も運動に効果的なクレアチン組成である、クレアチンモノハイドレートを採用しています。

溶けやすさへのこだわり

クレアチンを高純度で製造すると、必然的に「味」などの成分を入れる余地はなく、何かに溶かして飲んでいただくことが前提となります。 そのため、BULKEYでは「溶けやすさ」にこだわりました。

クレアチンはその性質上、非常に沈殿しやすく、溶けにくい成分であることが有名で、単純に飲みづらいものです。

しかし、BULKEYでは粒子を細かくしたクレアチンモノハイドレートを採用しているため、溶けやすく沈殿しにくくなっています。

クレアチンの飲み方や飲むタイミングなど、ご使用方法をお伝えしていきます。

クレアチンは一日何g飲む?

クレアチンは1日あたり3~5gの摂取が推奨されています。

運動強度や頻度により、体に必要とされるクレアチン量は変わってきますが、1日5gの摂取を一つの目安としてお飲みください。

クレアチンを飲むタイミングは?

クレアチンは成分の特性上、 飲むタイミングによって効果が変わるように感じますが、基本的に摂取のタイミングは自由です。どのタイミングで摂取しても、変化はありません。

ただ、糖質の補給後に飲むことで、全身へ供給しやすくなります。(糖質を摂取するとインスリンが分泌され、クレアチンはインスリンの働きによって細胞に取り込まれる)

1日2回に分け、食事後(朝、夜)2.5gずつお飲み頂くのがオススメです。

※5gを一度に摂取すると、お腹が緩くなる場合がありますので、最初は2.5gなど少量にわけ、慣れてから5gでの摂取をお試しください。

クレアチンドリンク

クレアチンは、水やドリンクに溶かしてお飲みください。

水分100mlに対して、5gまたは2.5gを推奨しております。 ただ、水分は必ずしも100mlである必要はなく、200mlでも300mlでも大丈夫です。

BULKEYのクレアチンは沈殿しにくい成分と加工で製造しておりますが、時間が経つほど、どうしても沈殿してしまいます。(成分の構造上全てのクレアチンで起こります。)

筋トレ中に飲むBCAAなどに混ぜ、時間をかけて飲む場合は、徐々に沈殿してきますので、できればプロテインなど飲み干す系統のものと合わせて飲まれることをオススメします。

クレアチンローディング

一日5gを摂取していれば、23日ほどでクレアチン濃度はマックス状態に達するため、基本的にローディングは必要ありません。

緊急的にパフォーマンスを高めたい場合、クレアチンローディングでは一般的に以下のような摂取方法がとられています。

・5g×4回×5日(20g/日)
・2.5g×8回×5日(20g/日)

なるべく細かく分けることにより、吸収効率もよくなり、クレアチンによる腹下しなども防ぐことができます。(摂取回数が増える場合は、ぶどうジュースなど糖質が摂取できるものと合わせてお飲みください。)

クレアチンって何?

クレアチン=筋肉を動かす材料

筋肉の中には、「クレアチンリン酸」というアミノ酸があります。筋肉を動かす時に、クレアチンリン酸は「クレアチン」と「リン酸」に分解され、この時にはじめてエネルギーが生まれます。 クレアチンサプリを摂取しておくことで、筋肉内に取り込まれ、筋肉内にクレアチンリン酸として蓄えられます。

もっと長く走りたい、あと1回が続かない、などエネルギー持続が課題となる場面では、クレアチンを含んでいるものを摂取しておくと効果的です。

有酸素運動ではなく、無酸素運動向けで、筋トレなど瞬発的な持久力を要求される場面で使われます。

もっと詳しく

人が運動を行なう際には、アデノシン三リン酸(ATP)が加水分解する際に
発生するエネルギーが使われます。
身体の中のATPの量には限りがあるので、運動を続けるためにはATPを再合成しなければなりません。

つまりATPを再合成できる=瞬発的な持久力がアップするようなニュアンスです。
クレアチンはATPを再合成する原料となります。

クレアチンの信頼性は?

クレアチンは国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、最も強力なエビデンスを示す、エビデンスAに認定されています。

A:明らかに安全で、効果のある強力なエビデンスを示すもの。
B:限定された効果のあるエビデンスを示すもの
C:効果や安全性を裏付けるエビデンスが無い

Aが最高ランク、Cが最低ランクの信頼性ということになりますね。

クレアチン は「エビデンスA」に認定されており、プロテインや HMB などと同レベルの信頼が確認できています。

どんな人、どんな時にオススメ?

クレアチンは、運動のパフォーマンス向上を目的とする場合に摂取します。

クレアチンローディングって何?

クレアチンは、体内(筋肉内)に貯蔵でき、余分な分に関しては「尿」として排出されます。

クレアチンの体内濃度を高く保っておくために摂取することを「クレアチンローディング」と言い、スポーツ選手やトレーニーの間で盛んにおこなわれています。

クレアチン=運動時に飲む、というイメージがありますが、ローディングを行う場合は、運動しない時にも摂取します。一部では、運動していない時でもクレアチンを飲むことをクレアチンローディングと解釈する場合もあります。

要するに、体内のクレアチン濃度を高める目的で、クレアチンを摂取することをクレアチンローディングと言います。

クレアチンの飲み方!

クレアチンの推奨摂取量は?

クレアチンの推奨摂取量は、20~40代の成人男性で1日3~5gほどです。

クレアチンはいつのタイミングで飲む?

ほとんどのアスリートはトレーニング開始前の1時間以内、またはトレーニング直後にクレアチンを使用しています。

運動後に使用すると、運動により血液循環が刺激され、細胞により早くクレアチンが供給されるので有益です。ただ貯蔵可能なので、クレアチンはいつ摂取してもかまいません。

HMB CREATINE Q&A

よくある質問をまとめていきます。もしこの他にもご不明な点がございましたら、LINE@からいつでもご相談ください。

Q HMBの飲み方を教えてください。

A:1日15粒を目安にお飲みください。朝、トレーニング2時間前、就寝前に各5粒お飲み頂くことをオススメしています。

Q 女性が飲んでも大丈夫ですか?

A:女性の方がお飲み頂いても、問題ございません。HMBの適正摂取量は体重により異なりますので、下記を参照にお飲みください。
https://bulkey.jp/blog/hmb-manual/

Q 他のサプリと合わせて飲んでも大丈夫ですか?

A:HMBやクレアチンは、飲み合わせに関する危険性は指摘されておりませんので、他のサプリやプロテインと併用して頂いても、問題ございません。

Q 何と合わせて飲むことがオススメですか?

A:目的によって異なりますが、ボディメイク(痩せるor筋量アップ)が目的であれば、WHEYプロテインと一緒に摂取し、トレーニングを行うことがオススメです。パフォーマンス向上のためには、BCAAやEAAと合わせてお飲みください。

Q どのくらいの期間飲んだらいいですか?

A:明確な答えはありませんが、HMBやクレアチンの特性上、トレーニングを続ける限りはお飲み頂くことをオススメします。増量期、減量期、どちらの時期でもプラスに働きます。

Q 飲むだけで筋肉が付きますか?痩せますか?

A:飲むだけで筋肉がつく、痩せることはありません。カラダを動かしてお飲み頂くことで、はじめて相乗効果があります。

Q 賞味期限はありますか?

A:製造から2年になりますが、BULKEYでは製造後2か月ほどの新鮮な状態でお客様にお届けしておりますので、届いてから1年10カ月ほどになるかと思います。裏面に賞味期限を記載させて頂いております。

HMB×クレアチンの飲み方や飲むタイミングなど、ご使用方法をお伝えしていきます。

HMBクレアチンは一日何粒飲む?

HMBクレアチンは、1日15粒に設計しております。
1粒にHMBが200mg、クレアチンが133.3mg配合されています。

HMBの一日の推奨摂取量は、成人男性で3000mg、成人女性で2000mgです。
一粒に200mg配合されているため、15粒で3000mgとなります。

クレアチンは、推奨摂取量の66%を配合していますが、20~40代の成人男性の場合、1日の推奨摂取量の33%は体内で生成できるため、サプリと合わせて99%(約3000mg)になります。

1日15粒を飲みましょう。

HMBクレアチンを飲むタイミングは?

朝5粒、トレーニング2時間前5粒、就寝前5粒がオススメです。

HMBは、服用後2時間強で、血中濃度が最大になります。また、体内の許容量を超えて服用しても害はありませんが、尿として排泄されてしまいます。
クレアチンは体内に貯蔵できるため、比較的タイミングはフリーです、

よってHMBの摂取効率を高めるために、「等間隔&等分量」で飲むことが望ましいです。もっと細かく分けられる場合は、分けても問題ありません。

HMBの取り扱いについて

HMBクレアチンのタブレットは空気に触れ続けると、少しずつ脆くなってきますので、服用後は袋を密閉するようにお願いします。

飲み合わせについて

ISSN、厚生労働省の発表では、飲み合わせの危険性は指摘されておりません。
またHMBクレアチンを販売している中で、飲み合わせによる体調不良等の事例はございません。

普段飲んでいるサプリやプロテインなどと合わせてお飲み頂いても問題ございません。

もし、ご使用に関してご不明な点がございましたら、LINE@からお問合せ下さいませ。